自宅でGoogle AdWords認定試験を受けようと思い、テストセンターにアクセスしてみた。たぶんWindows環境で受験しなければならないだろうな。と予想しつつもそこはGoogle。マルチプラットフォームであることをある程度期待していた。

受験手続きが進むと最後にテストアプリケーションをダウンロードする手順となるのだが、見てみるときちんとMacOS用のアプリが用意されているではないか。さすが!と感心しつつアプリをダウンロードし、案内されるまま解凍し起動してみた。

が!しかし

画面が「Loading….」となったままカラーボールが回り続けている。10分たってもそのまま。アプリの強制終了ショートカットも全然受け付けない。しかたがないので電源ボタンを長押しして強制終了した。そしてMacを起動した後、余計なアプリなどを全て終了させ、Safariだけを起動して再度挑戦したものの結果は同じだった。

一応サポートにメールし「Mac OS10.8.4、Safari6.0.5環境で動作しない」旨伝えたところ、testsys.comさん(Googleの外注先?)より以下のメールを頂いた。

Please follow these steps below:

1. Click “Safari” at the top left of your screen
2. Click “Reset Safari”
3. Make sure all of the check boxes are checked
4. Click “Reset”
5. Launch the Safari Browser, then type in this address at the top – google.starttest.com (*Typing in the address will ensure that you go directly to the correct site.*)

Safariのリセット

あ、ありがとうございます (-_-;) でもSafariをリセットしたら、アレとかコレとかいろいろ面倒なことに….もういいです…

というわけで無理せず、素直にWindows XPに切り替えたところテストまでスムーズに行けました。もちろんブラウザリセットの必要もなく。よって「AdWords認定試験はMacで受けられるか?」は、「できるかもしれないが、面倒くさいのでやめた方がいい」が結論です。Mac Fanのライターなら別アカウントを作っても試すのですが、ま、いまは違うので(笑)ちなみに試験は受かりました!